着床出血が起こるのはいつ?

受精卵が子宮に到達して着床するまでの平均的な期間は7日から10日が平均です。着床出血は受精卵が子宮内膜の奥へ潜り込もうとする時に起こる症状で、生理のように大量に出血するものではありません。血液の色は様々で、濃い鮮血、薄いピンク、茶色いおりものなどがあります。出血が生理の予定日を過ぎていて何日も続くようなら、通常の生理と考えられます。普段の生理とは様子が異なり、ダラダラと長く続いたり、量が普段より多い場合には不正出血の可能性もあるので、出来るだけ早く病院で検査を受けた方が良いでしょう。着床出血はすべての人に起こるものではないので、着床して妊娠に至ったとしても、まったく出血がない人も少なくありません。

 

女性ホルモンには、黄体ホルモンと卵胞ホルモンがあり、排卵期には黄体ホルモンの分泌が増えて高温期になり、排卵期が終わると分泌量が少なくなって基礎体温は低温期になります。生理の周期が一定していない人は、着床出血か生理か判別しにくいですが、基礎体温をつけていれば分かります。仮に着床出血があって妊娠すれば、黄体ホルモンは分泌され続けるので高温期が継続します。

 

また生理と着床以外に排卵出血というのがあります。体験する人の数は多くはありませんが、生理が終わって、次の生理の周期を迎えるまでの間に出血が起こります。不正出血とは異なっていて、ホルモンバランスの乱れや排卵時に卵子が飛び出した勢いで卵巣の表面を傷つけて出血します。量は少なく出血する期間も短いですし、妊娠とは関係なく健康に悪影響を及ぼすこともないので心配はありません。不要な卵子の排泄が行われている証でもあるので、再び健康な卵子を作って受精の準備をしているととらえるとよいでしょう。