着床確認ができる検査薬とは

妊娠検査薬は、尿の中のhCGホルモンの分泌量によって妊娠の有無が確認出来る薬です。受精卵は約1週間かけて子宮に到達し、着床をもって妊娠となります。着床後は子宮内膜の奥へ奥へと入り込んで、胎児が安全に成長出来る環境を整えます。hCGホルモンは妊娠すると分泌が増えるホルモンなので、検査の結果、一定量を超えていれば妊娠が確定します。妊娠検査薬を使うには、生理が始まる予定日から1週間以上経過していることが必要で、受精だと2週間以上経過してから検査をすれば、市販の検査薬でも妊娠の有無を確認出来ます。ただhCGホルモンが分泌される速度には個人差があるので、既定の日数を過ぎていても陽性にならないこともあります。早期妊娠検査薬なら一般の検査薬より感度が高いので、尿のhCGホルモンの分泌量が少なくても陽性反応が確認出来ます。ただし判定率は低下するので、検査は十分な日数が経過してからの方が良いかもしれません。

 

市販の妊娠検査薬は100%の確率ではありません。陽性反応は正常な妊娠だけでなく化学流産でも起こります。さらに子宮外妊娠などの異常妊娠でも反応します。特に注意が必要なのは、不妊治療でhCGホルモン剤を投与している場合です。体外受精を受けた場合には、hCGホルモン剤を併用して確実な妊娠に導きますが、体外受精以外でhCGホルモン剤を服用していると妊娠していなくても陽性になりやすいです。また妊娠の可能性が高くても着床直後や水分を過剰摂取するとhCGホルモン濃度は低くなるので陰性になります。確実に妊娠の確認をするには、産婦人科の検診を受けることです。病院では妊娠5週を過ぎた段階で妊娠を確定するので、診断の確率は100%です。