ピルを飲んでいれば着床を防げるか

ピルは経口避妊薬のことで、飲んだその日から避妊の効果が得られます。生理の1日目から飲み始めて1日1回1錠が一般的な用量で、ポイントは毎日同じ時間に飲むことです。飲み方が正しければ、ほぼ100%避妊が出来ます。生理の1日目に飲み始めるタイミングを逃した場合、気づいた時にすぐに服用し、2回目の薬は予定通りに服用すれば効果は持続出来ます。

 

ピルには避妊以外の効果もあり、副効用を目的として飲んでいる人も多いです。ビルには卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれているので、女性ホルモンのバランスを整い、生理不順改善し生理痛を和らげる効果が期待出来ます。また生理時の出血量を抑制出来るので貧血予防になります。その他にも子宮内膜症の改善、長期服用で卵巣や子宮のガンなどの予防になることも確認されています。かつてピルは太るのが副作用と言われていましたが、低用量ピルは医師の処方に従って利用すれば、副作用の心配はほとんどありません。

 

ピルには不可抗力による妊娠のリスクを軽減するためのアフターピルもあり、受精卵が着床前に飲むと排卵と着床を抑制する効果が得られます。確率は100%まで高くありませんが、高確率で着床を抑制して妊娠を防ぐことが出来ます。薬は医師の処方があれば購入出来るので、アクシデントがあったら即日もしくは翌日には病院を受診するとよいでしょう。受診が遅れて着床後にアフターピルを飲むと、流産止めになるので注意が必要です。

 

病院ではエコー検査などを行った後、状態に合わせて薬が処方されます。アフターピルを飲んで3週間以内に生理が来れば着床に至らなかったことになりますが、出血が少量もしくは出血がなければ妊娠の可能性が高いと言えます。